天仙液の生薬成分は国際的な基準に合格
各国で医薬品、漢方サプリメントとして認可

生薬成分は、世界的な検査機関である香港SGS(本部・スイス)及び、一般財団法人日本食品分析センターの検査・試験に合格しています。SGSは世界的な権威のある検査及び審査機関で、毒性検査などの品質検査に合格しました。また、日本食品分析センターにおいては、「マウスを用いる急性毒性試験」においても合格しています。

天仙液は医薬品(漢方薬)、漢方サプリメントとして認められている国があります。香港、オーストラリア、タイ、マレーシア、シンガポールなどでは医薬品として認可、台湾、フィリピン、インドネシア、ルーマニアなどでは漢方サプリメント、FDA(アメリカ食品医薬品局)では漢方ダイエタリーサプリメントとして認可されています。

天仙液の実績

[香港SGSによる品質検査結果]

[日本食品分析センターの試験結果]